Entries

GINGER web 2018年1月

 1日の終わりは、   前向きな気持ちを言葉にする ~       多部未華子がBOOKコンシェルジュ!  ” 頑張ります。明日から。     とりあえず、1週間。 ” いいね(笑   多部さんの紹介本  『 一週間で女(じぶん)を磨く本    「うれしい変化」が起こる63のヒント 』  浅野裕子著 ...

平成30年インタビュー

 毎日新聞 (3)多部未華子さん ふわっと学んで歩む  中学3年じゃなくて2年なんですが まあその辺は多部さんらしい(笑...

GINGER web 2017年12月

 “ 自分らしさ ” は    探さなくても、自分のなかにあると思う ~           多部未華子がBOOKコンシェルジュ!  多部さんの文章ますます磨きがかかってきているような とても懐の深い知的で優しい大人の女性 なんというか 好きだなあ(笑  多部さんの紹介本  『 エロイーズ 本当のワタシを探して 』 ペネロープ・バジュー&ブレ著 関澄かおる訳  女性のためのフレンチコミック...

GINGER webで連載!

 多部ちゃんがBOOKコンシェルジュ! 多部さんとなると   やっぱり本の紹介ってことになるんですかねえ(笑  図書委員だより マチルダはコンラッドの帆船に乗って 多部未華子のカルチャーな毎日 本っておもしろい 多部未華子の「本日、読了!」                         等々いろいろありました 久しぶりにまた読書量が増える(笑   ...

『多部未華子の「本日、読了!」』に関するまとめ

 『多部未華子の「本日、読了!」』に関するまとめ MOREで2015年4月号から2016年2月号まで連載された「本日、読了!」がまとめられています こんなのがあるとは知らなかった 私の記事はいらんなあ(笑...

本日、読了!  第15 回

 今月は ・・・ あさのあつこさんの 『 透き通った風が吹いて 』 を読みました! 残暑の岡山。 高校3年生の渓哉は打ち込んでいた野球部を引退し、 初めて将来について考える。 親友、同級生の女の子、故郷へ戻ってきた兄-。 10代の迷える時間を描いた中編小説。 ( 文藝春秋 1,100 円 )  今回でこの連載も終了です お疲れ様でした 今度はどこかでエッセイなんぞを期待します(笑  ...

本日、読了!  第14 回

 今月は ・・・ 綿矢りささんの 『 ウォーク・イン・クローゼット 』 を読みました! 大人っぽい服装に憧れつつ、男目線を気にして甘い服を選ぶ28歳の早希 友人のユーヤ、幼なじみで芸能人のだりあと過ごす日常にある変化が訪れ ・・・ 表題作ほか一編を収録 ( 講談社 1,400 円 )  だりあ役にぴったりと多部さんが思い浮かべた女優さんって誰でしょう? きっとかつて共演した事のある方でしょうねえ 本を読...

本日、読了!  第13 回

 今月は ・・・ 瀧羽麻子さんの 『 失恋天国 』 を読みました! 結婚直前で婚約者に振られてしまった雛子は、失恋を克服するためにつくられた全寮制の学校へ入ることに。傷ついた心の再生を追った、大人のための恋愛ファンタジー小説 ( 徳間書店 1,650 円 )  多部さんの失恋経験って ・・・・・  いや 考えるのはよそう(笑   ...

本日、読了!  第12 回

 今月は ・・・ 山口恵似子さんの 『 あしたの朝子 』 を読みました! 1950年代、24歳の朝子はお見合い話を振り切り、夢を叶えようと東京へ 突然の結婚、しゅうととの同居、夫の不倫問題 ・・・・・ 高度成長期の湘和を舞台に描かれる女の人生! ( 実業之日本社 1,600 円 )    お見合い ・・・・ 制約の多い環境にロマンを感じて ・・・・  ご両親の様な運命的な出会いとは正反対なお見合いですが...

本日、読了!  第11 回

 今月は ・・・ 西川美和さんの 『 永い言い訳 』(抄録)を 読みました! 仲がさめきっていた妻を突然の事故で失った、人気作家の津村啓。死の悲しみを”演じる”しかできない津村は、妻の親友一家と懇意になるが ・・・・。 人間心理の奥底に迫った物語。 (文藝春秋 1,600 円) ※ 映画化されるんですね  ※ リブロ横浜ジョイナス店で、「本日、読了!」 コーナー展開中!    だそうです(笑...

本日、読了!  第10 回

 今月は ・・・ 住野よるさんの 『 君の膵臓をたべたい 』 (双葉社 1,400 円)を 読みました! 高校生の 「僕」 が拾った一冊の文庫本。 それはクラスメイトの桜良が書いた日記帳だった。 余命わずかな彼女の秘密を知った 「僕」 と桜良との関係を描いた、涙を呼ぶ青春小説。  ...

Appendix

ついて来てね

落陽

Author:落陽
趣  味 : 多部道楽

Comments...A

openclose

CalendArchive

Categories...B

openclose

FC2カウンター