Entries

恋をしましょう 恋をして

 6月13日 早いもので私が多部さんに初めてお会いしてからもう一年になりました。その後8月に川越で、そして今年池袋でと3度もお目にかかれたのも、一重に私の殻を破ってくださった多部三銃士の皆様のお陰だと深く、深~く感謝しております。 私と多部さんを結びつけてくださって、アリガトウ! しかし ・・・・...

惚れた男が馬鹿なのか

 『つばさ』 を演じる多部さんを見ていて、今更ながらに、どうしてこの娘をこんなに本気で見てしまうのだろうと考えてしまいます。 顔立ちは好きなのだと思います。彼女のあらゆる顔を見て、気持ちが落ち着いたり、弾んだりするのですから。 彼女の動作は独特の個性があって気になるところもありますが、ものすごく魅力的に思えるものもありますから、全体的には気に入っているといえます。 彼女の声、話し方、笑ったり泣いた...

東京狂詩曲:見果てぬ夢編

 もう二度と私の人生には訪れないかも知れない貴重な時間に何をするべきか。いや、何もしないでただ黙って彼女を見詰めているだけでも幸せなのだろうけど。 多部さんに直接質問をすることが出来るというのなら、ぜひ彼女の本音を引き出してみたい、内容はなんでもいいから率直な彼女の言葉が聞きたい、真剣に考えてくれる瞳が見たい、眉をひそめる表情が見たい、う~んと悩む声が聞きたい。 もし彼女が本気で答えを探してくれた...

東京狂詩曲:流れ星編

 渋谷駅でみなさんとお別れをして、一路新宿御苑前駅へ急ぎます。 タマカンさんからお誘いを受ける前から、東京セレソンDXの舞台を観る予定にしていましたので、もっとみなさんとお話したいという誘惑を断ち切りました。 タベシャを見て、さんかくさんに煽られて(笑、甘茶さんで決心しました。もちろんお芝居も観たいと思ったのですが、それよりも多部さんがつい最近足を運んだことが間違いないこの場所へ来る事が最大の目的...

東京狂詩曲:ミーティング編(下)

 タマカンさんの助言で、多部さんにお土産を渡せるかどうか聞いてみました。担当の女性は親切で、責任者に聞いた上でお返事しますと言ってくださいました。この時点では、多部さんがもう来ないとは知りません。 館内・スタジオの見学、そして展示場へと向かうため、また組み分けごとに移動します。 エレベーターで下へ降りて待機していると、スタジオの方から万理ちゃん翔太、俊輔君たちがこちらへ向かってくるのが見えました。...

東京狂詩曲:ミーティング編(中)

 改めてお願いいたしますが、ミーティングの詳細はシスティーナさんおよびタマカンさんのところをご覧ください。  まずは、「つばさメイキング in 川越」の上映からスタートです。多部さんの川越ロケでの唯一のNGシーンもあり楽しめました ・・・・いや観てはいましたが、実はほとんど覚えていません。 もうすぐだと思ってしまうと気持ちが一点に集中してしまって他の事はもう何も考えられません。まるで高校の頃の試合の直...

東京狂詩曲:ミーティング編(上)

 NHKについて早速撮影スタジオを観に行きました。今日はイベントがあるし、撮影はお休みなんだろうなと思っていたら、何やらやっている様子です。 ガラスにへばりついて見ていると、出演者の方々が手前の入り口から次々と現れて来られます。 多部さんが見当たらない。 女の娘が出てきたけどあれは吉田さんかなあ ・・・ 多部さんは? すると嫁さんが、「今多部さん通ったね。」 えっ今の多部さんだった? じっと見てい...

東京狂詩曲:ファン仲間編(下)

 皆さんに食べていただこうと思って持参したもみじ饅頭が予想外の所へ行ってしまったため、申し訳ないなと思いつつ楽しく歓談されている様子を眺めていると、見知らぬ叔父様が私へカメラを向けていらっしゃいます。 NABEさんでした。 何時の間に?立派なカメラで皆さんの様子を撮っていらっしゃいましたが、はっきり言ってこの集団を撮るには立派すぎるカメラだと思います(笑 そのうちroute225&NABEさんによるロケ地...

東京狂詩曲:ファン仲間編(中)

 ここら辺で私の感じた人物像を書いておきます。反論があろうが違っていようが、辛抱していてくださいね。 システィーナさんとは、奥様のお話をさせていただきました。そして前から疑問に思っていたことを。 あのきめ細かいレポートをメモなしで書いていらっしゃると聞いて、本当にびっくりしてしまいました。今回でも証明されましたが、私は本当に何も見ていない、いや見てもすぐに忘れてしまう人間ですから、この能力には感心...

東京狂詩曲:ファン仲間編(上)

 総勢10人にも及ぶ老若男女の間に何の違和感も抱かずに混じっている娘を眺めながら、私は娘の育て方を間違ってしまったのか、あるいはこれで良かったのか分からないようになっていました。 だってですよ、普通に考えるとこの集団は社会的、客観的にみてどういう集団なのでしょうか、決して褒められあこがれられる集団ではないでしょうね。いやそれよりも、警戒されても可笑しくない。 そういうところにすんなりと溶け込んでい...

帰ってきました

 無事帰って参りました。 とても充実した三日間でした。 タマカンさんは、本当に素晴らしいお方です、みなさんがおっしゃっていた通りカッコいい人だと思います。段取り、気配り、思いやり ・・・ ありがたかったです(笑 そしてユニゾンさんにシスティーナさんも、まるで私を介護してくださるようにお世話をしてくださいました、感謝感謝です。 多部さんのファンミーティングに参加された皆々様にも、それはそれはとっても...

Appendix

ついて来てね

落陽

Author:落陽
趣  味 : 多部道楽

Comments...A

openclose

CalendArchive

Categories...B

openclose

FC2カウンター