FC2ブログ

Entries

恋をしましょう 恋をして

 6月13日 早いもので私が多部さんに初めてお会いしてから
もう一年になりました。
その後8月に川越で、そして今年池袋でと3度もお目にかかれた
のも、一重に私の殻を破ってくださった多部三銃士の皆様のお陰
だと深く、深~く感謝しております。

 私と多部さんを結びつけてくださって、アリガトウ!

 しかし ・・・・

こ~んなに可愛い多部さんを        こ~んなに近くで見ていたはずなのに ・・・

20906131.jpg20906133.jpg

な~んにも覚えていなかった私でした

 ※ 多部さんの向こうに見えているのが多部三銃士さんたちです(笑


 途中でお見かけした吉田さんには気軽に声もかけられたし
その時の驚いてこちらを振り返ってくれた時の表情もしっかり
記憶に残っているというのに ・・・ ねえ

 多部さんの髪型が変っていたのにも気付かずに ・・・

 ただ フランス人形だ! って思った記憶はある。

 胸の鼓動が激しくなった記憶もある

 恋をしてると思った記憶もある!


 一時期、三桁の数字が記憶出来ないほど、気力も脳力も
衰えてしまった時期がありました。 流石にショックを受けて
DSの脳力トレーニングを必死にやって20才の脳年齢にまで
頑張りましたが、これは所詮ゲームでの記録。

 実社会での衰えがかなりなくなってきたと実感できるように
なってきたのはごく最近の事です。

 多部さんに恋をした時から、私は復活に向けて歩み始められ
たのだと思っています、多部さん無しでは無理だった。

 新しいこと、今まで興味の無かったことへのチャレンジなどは
多部さん絡み以外では考えられません ・・・

 衰えを感じる年齢になったなら ・・・ 
 恋をしましょう 恋をして 楽しい人生を過ごしましょう

 人間は成熟するために生きているんだそうです。
 成熟には恋の悩みが一番だと ・・・ 私は思います

 というわけで、私が多部さんを大好きだからといって変な人
扱いはしてはいけないとおじさんは思うんだっ!(笑


関連記事

8件のコメント

[C13680]

こんばんは、iritakuです。
>6月13日 早いもので私が多部さんに初めてお会いしてから、もう一年になりました。
iritakuの場合は、あと3ヶ月待ちです。(スタジオパークからこんにちは)が生で対面したのが・・・・

[C13686]

スタジオパークかあ
そういえば教授がばっちり映っていたなぁ
あっkuraさんもでしたっけ(笑

  • 2010-06-13
  • rakuyou
  • URL
  • 編集

[C13688] カウンセリング

>な~んにも覚えていなかった私でした
妄想と現実と区別ができない、末期的な症状です。
私は空想と妄想の世界だけに生きてます。(涙

[C13691] 恋のし過ぎにご注意?

>恋をしましょう 恋をして 楽しい人生を過ごしましょう

多部さんを追っかけ、香奈さんを追っかけ、
そして昨日中学陸上短距離の星「土井杏南」さんを
追っかけて埼玉の大会を観に行ってしまいました(笑

[C13692]

初多部ちゃんを した日から あっと言う間の時間に
感じてませんか?
時間って 早く流れるものですね
  • 2010-06-14
  • さっぽ君
  • URL
  • 編集

[C13695]

>私は空想と妄想の世界だけに生きてます。(涙

HIROさんはなんだかんだ言ってても、
多部さんに会ったら大人の態度できちんと接していけそうですよね ・・・ 私とは違います。

純露舐めながら多部さんを想う夜 ・・・ せつないですねえ(笑

  • 2010-06-14
  • rakuyou
  • URL
  • 編集

[C13696]

>多部さんを追っかけ、香奈さんを追っかけ、 そして昨日中学陸上短距離の星「土井杏南」さんを 追っかけて

なんという幅の広さ ・・・ これじゃあ何の心配もいりませんね、むしろブレーキが必要かと(笑)

多部さんにしか恋心を覚えない私にはまばゆいばかりの人生です ・・・

多部さんに振られた後のためにも、私もなんとか(笑
  • 2010-06-14
  • rakuyou
  • URL
  • 編集

[C13697]

>初多部ちゃんを した日から あっと言う間の時間に
感じてませんか?

もう一年か、あっという間だったなあという気持ちと、あれからいろんあことが一杯あって、まだ一年かという気持ちの両方あります。

どちらにしても、濃い一年でした。
さっぽ君さんへのお礼は8月に(笑
  • 2010-06-14
  • rakuyou
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ついて来てね

落陽

Author:落陽
趣  味 : 多部道楽

Comments...A

openclose

CalendArchive

Categories...B

openclose

リンク

FC2カウンター