Entries

第6回

 古書店が舞台らしい回でした
 
 しかし なんとまあ大掛かりな嘘なんでしょう
 ほんとうに愛が溢れるお話です

 初めて多部さんと作品の両方を堪能できたのが嬉しい(笑

 いろんなものが見えてくるとこの作品の世界の心地良さに
気づいてくるのでしょうね もったいないなあ ・・・

 ※ 片桐はいりさんの無駄遣いと思っていましたがそろそろ?(笑
 
関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ついて来てね

落陽

Author:落陽
趣  味 : 多部道楽

Comments...A

openclose

CalendArchive

Categories...B

openclose

FC2カウンター