Entries

第11回

 拓人が人工呼吸器の装着を決断するのだろうことは予想
つくとして、その決断に至る過程とか理由想いをどんな風に
描いてみせてくれるのかをこの一週ずっと考えていました

 自分の身に置き換えてみると、こんな恐ろしい未来を仮定
しなければならない決断を下す勇気が自分にあるのかどうか

 余韻の残る良い終わり方ではなかったかと思います

 将来何かあったら、きっとこのドラマの事を思い出すでしょう

 まあ そういう立場にならない事を願っていますが ・・・・

 ありがとうございました 

 春馬くんも多部さんも素晴らしかった(笑

2014031901.jpg  2014031902.jpg

2014031903.jpg  2014031904.jpg

関連記事

2件のコメント

[C22629]

正直、泣きました。

ALSにちゃんと向き合った、いいドラマでした。

春馬くん良かったよ。
  • 2014-03-21
  • やん
  • URL
  • 編集

[C22630]

>正直、泣きました

私もです
号泣というのではなくて、
じんわり自然に涙がこぼれ知らぬ間に鼻水が ・・・
といった感じでした(笑

>ALSにちゃんと向き合った、いいドラマでした

生真面目に向き合っていましたね
多部さんと春馬くんに相応しい現場ではなかったでしょうか

>春馬くん良かったよ

すごかったですよね

君に届けもこの作品も多部さんの方が受け身のお芝居でした
今度はいつもの多部さんが春馬くんを振り回すという
ラブコメディタッチの作品が観たいです(笑
  • 2014-03-21
  • rakuyou
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ついて来てね

落陽

Author:落陽
趣  味 : 多部道楽

Comments...A

openclose

CalendArchive

Categories...B

openclose

FC2カウンター