Entries

いまさらながらのロケ地探訪記 Ⅲ

 とっておきの場所での感動冷めやらぬままに車は遊水地を離れ
一路足利市へと向かいますがもう途中の景色は目に入りません
 NABEさんとの会話もほとんど思い出せず ・・・・
 私の魂はまだまだ遊水地の辺りをさまよっていました(笑

 しかし現実は私の気持ちの切り替えを待っていてはくれません
 足利市内に入り細い路地に入るとそこがもう爽子がハンカチを
拾ったところというNABEさんの案内に焦ります

 なにせ予習もしていない状態でまだ魚子の余韻に引きずられて
いるのに急に爽子に思いを転換しなくてはいけないのですから

 そうでなくてとも鈍い私の頭の回転が余計に遅く感じられ ・・・
 NABEさんは気を使ってくださってゆっくり走ってくださっている
のでしょうけど、私には新幹線並みの速さです

 爽子と翔太が徹龍軒の帰りに歩いていた通りもあっという間
 
 シャイな私はもっとゆっくりとは言えずただ呆然と流れ行く歩道を
呆然と眺めているだけなのでありました(笑

 車が住宅街を抜け川沿いの道をしばらく走ると突然に見覚えのある風景が!
 一瞬にして私の魂は『君に届け』の世界へと飛びます!
 
 201505055.jpg

 ここは欄干に寄りかかり記念写真でも撮るところだなという私のささやかな
期待も空しくNABEさんはまったく見向きもせずどんどん奥へ ・・・・
三年前に焼失してしまった八雲神社の本殿の跡地へ案内してくださいます

 なんと ・・・ 映画で観た景観を思い起こさせるものは何もありません
 
 森高さんを始めいろんな方がその喪失感を嘆いていらっしゃいましたが
深い緑の木々の陰に囲まれてひっそりとしたこの地に立つと本当に大切な
ものを失った地元の方の悲しい想いが伝わって来る様な気がしました

 幸いにも伊勢神宮のヒノキを譲り受けての再建が決まったようです
 いつか又来れる時があれば ・・・

 本殿跡地を後にしてあの欄干の横を何事もなく通り過ぎ再び車へ乗りこみます
 坂道を上り足利公園の駐車場へ そこから少し歩くと福巌寺の墓地
 道路から細い坂道を下り大きな木の脇辺りでNABEさんがここですよと

 ここは爽子がクラスの肝試し大会で幽霊役をやった場所です

 201505051.jpg
 う~ん やはり明るいと何かピンと来ませんね(笑
 
 上の道路を少し行ったところに水道配水所があります
 そこが爽子と翔太が街の灯りを眺めたところ

 201505054.jpg

 多部さんが居た場所だと一生懸命に頭に叩き込みながら写真を撮りました
 でも まあ 駄目ですね(笑

 来た道を戻るのでもう一度欄干の前を通るはず その時は ・・・
 
 と NABEさんが途中の緑の広場を指さして
 「ここが翔太と龍がキャッチボールをしてたところです」

 えっ ここかぁ ・・・ とすると多部さんはこちらから来てあちらの方へ ・・・
 などと考えているうちに欄干はみるみる後方へ(笑
 
 次は 私がNABEさんに最大の嫉妬したあの場所へ
 
関連記事

2件のコメント

[C23581]

落陽さんの思いを、私は知らず…

すんません、駆け足で。
クルマで通るとつい通行の妨げになってはいけないと、スロットルを加減しつつも、結果速くなってしまったようです。
次から気をつけます.w

欄干はごめんなさい、でした。
あっさり場所がわかるところは、私に思い入れがないせいだと思って下さい。

写真の合成も、私の発想にはないもので新鮮です!

次回も楽しみ.w

[C23582]

いえいえ、突然思いたってのお願いを聞き入れてくださった
NABEさんに何の責任もございません 
すべて私の我が侭です(笑

>あっさり場所がわかるところは、私に思い入れがないせいだと思って下さい。

それは今までにもご一緒して感じてました
私の中には無い世界で楽しんでいらっしゃるなあ
羨ましいなって(笑

>写真の合成も、私の発想にはないもので新鮮です!

これはもう 窮余の一策で誤魔化しですねえ(笑
  • 2015-11-16
  • rakuyou
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ついて来てね

落陽

Author:落陽
趣  味 : 多部道楽

Comments...A

openclose

CalendArchive

Categories...B

openclose

FC2カウンター