Entries

蜷川幸雄さん告別式

 蜷川幸雄さん告別式 巨匠と若手、世代を超えてつなぐモノとは

 この記事、多部さんの言葉がすべて ですよね

 多部さんは勘が良過ぎて今まで叱られたことが無かった
 涙を流しながら監督さんにくらいついて行くという経験が無い
 故にいつか壁にぶつかり苦しみが襲って来た時の不安が ・・・
 
 そういう意味でも多部さんは本当は今回の作品で
 蜷川さんに怒鳴られるのを楽しみにしていたんじゃあないのかなあ
 私もそういう多部さんの姿を期待していたところもありました
 
 多部さんの涙には私の胸も詰まります
 こんなに魂を揺さぶられる様な泣き顔にはめったにお目にかかれない
 通夜に映った多部さんの喪服姿も清楚で美しかった
 蜷川さんだって多部さんの成長を見てみたかったに違いありません
 
 本当に悔しい 残念です

 ninagawasougi1.jpg

 インタビュー1  インタビュー2  

関連記事

4件のコメント

[C23798]

怒鳴られないほうがいいとは思いますが・・・

ただ亡くなられたことはとても寂しいですね・・・・
  • 2016-05-19
  • 白犬
  • URL
  • 編集

[C23799]

怒鳴り声に愛を感じていた多部さんですから(笑

病気がちでしたのでもしやとは思っていましたが
残念です
  • 2016-05-19
  • rakuyou
  • URL
  • 編集

[C23800] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C23801]

お久しぶりです

そうですね 私も
多部さんの気合いの入った舞台を観ることになると信じています
  • 2016-05-20
  • rakuyou
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ついて来てね

落陽

Author:落陽
趣  味 : 多部道楽

Comments...A

openclose

CalendArchive

Categories...B

openclose

FC2カウンター