Entries

男(親)はつらいよ

 明日、四女が彼氏を家に連れて来ます
 分かっていたこととはいえ気分が悪い(笑

 四人も娘がいながら、『お前に娘はやらんっ!』と言って仁王立ちする
映画の様なシーンを一度も経験することも無く終わってしまうのか ・・・・
 
 娘は ” 言っても良いよ 一度くらい言ってみたいんでしょ ” と言うが
 ” でも 本気は駄目だからね 
     彼そうでなくてもお父さんのこと怖がっているんだから" 
  って なんじゃそりゃ

 嫁さんや他の娘たちからは
    明日はお父さん余計なことは言わないでよと釘をさされるし ・・・

 ああっ 男親ってつまらんなあ 

 残るは多部さんだけだ
 まあ 多部さんは当分大丈夫だろうから ・・・ だよね? そうだよね? ・・・

 これ以上短期間でのショックは勘弁して欲しい(笑

 次の日曜日は三女の新築祝い
 そして暮れには長女に長男が
 総計7人の孫持ちになります

 昔 『七人の孫』なんてドラマがあったなあ
 同じ7人の孫持ちでも私には森繁さんの様な貫禄は皆無
 孫たちは完全に私を遊び友達だと思ってます
 もうジュウオウジャーごっこなんてのはきついんだよなぁ

 そろそろお正月がこわい
 誕生日にクリスマスにお正月
 これからは入学祝なども
 とにかく数が多いというのは脅威です(笑

 人生いろいろ変化して行きますねえ

 私と多部さんの関係もそのうち変わらざるを得なくなるんでしょう(笑
 
関連記事

8件のコメント

[C23891] 代官さまファイト

がんばって猛反対してしてみてください。
でも、なかなかドラマのようにはいかないんでしょうね。
まあ、彼氏もガジガジに緊張しまっくっていることでしょうからね。
少々イジってあげるのも多部さん流愛情かも(笑
でも、落陽さん自身は多部さんが目の前にいるわけではないので、緊張しないように。

[C23892] 同感

ここ両日中に娘に子供が生まれて私は「おじいちゃん」になる予定です。
 かみさんはまるで自分が出産するみたいにはしゃぎまわっていますが、私としては実感がわかないというか、これで孫がそれなりに成長して私になついてくれたりすれば変わってくるのでしょうか?

[C23893] お疲れ様です

すごいなー なんか 七人も孫がいるってどんな感覚なんだろう 後は 多部ちゃんのみですか でも自分がこの人と一生添い遂げたいという意思で付き合ってたら 娘はやらんとか いう必要はなかろうかと思います 多部ちゃんにも言える いずれ人間別れは来るもんです 短い人生 自分もまだ独身で いつか多部ちゃんのような素敵な女性現れないかと 思ってますが なかなか多部クラスの女性とお付き合いするのは困難の極みであります それより最近仕事が忙しくて
 休み返上して仕事してます 
とにかく今は癒しがほしいです
  • 2016-09-23
  • 太郎
  • URL
  • 編集

[C23894] 14さん

会った瞬間 
この男くそ真面目だと分かってしまいました ・・・
相手の緊張感が半端じゃないのが伝わってくると何も言えません
もう好きにしてとサジを投げてしまいました 
完敗です(笑
  • 2016-09-23
  • rakuyou
  • URL
  • 編集

[C23895] 忍さん

おめでとうございます
出産に立ち会うという習慣の無かった時代の男には
なかなか実感が湧いて来ませんよね(笑

でも初めて孫を抱くと何かが ・・・・
楽しみにしてください

じいさんとしての活躍はお孫さんが少し大きくなってからですね
特に男の子だと(笑
  • 2016-09-23
  • rakuyou
  • URL
  • 編集

[C23896] 太郎さん

>娘はやらんとか いう必要はなかろうかと思います 

もちろんそうです
娘から好きな人がいるから会わせたいと言われた瞬間に
負けは決まっているんです
みなさんそうだと思いますよ(笑

まあ 悪あがきを楽しまさせてくれよっていう事です(笑

多部さんクラスの女性を見つけるのは大変だと思いますが
頑張ってください(笑


  • 2016-09-23
  • rakuyou
  • URL
  • 編集

[C23897]

僕は挨拶に行く側の目線で見させてもらってました。
予定はないですが、確実に緊張するんだろうなぁ・・・(笑
  • 2016-09-24
  • 侍魂
  • URL
  • 編集

[C23898] 侍魂さん

そりゃあもう(笑

私はほとんど記憶が飛んでいて
今でも嫁さんにからかわれています

でも 
これからこんな緊張感を味わおうとしている若者が羨ましい

多部さんのご両親相手だとどんなことになるんでしょうかねえ(笑

  • 2016-09-26
  • rakuyou
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ついて来てね

落陽

Author:落陽
趣  味 : 多部道楽

Comments...A

openclose

CalendArchive

Categories...B

openclose

FC2カウンター