FC2ブログ

Entries

図書委員だより

 私は多部さんが好きである。
今の私の生活のなかで家族に次いで二人の親友と同じくらいに、
いや親友には悪いがほんの鼻先多部さんの方が大事かなという
程に好きである。

 このことを前提にここから先を読んでください。

 図書委員だよりが配信終了となってもう半年以上が過ぎました。
その理由については予想はしていましたが、その後の多部さんを
取り巻く環境の変化をみれば、やはりそうだったんだろうなあという
思いが強くなってきています。

 ことの起こりはあの幻の特別授業だったのでしょう。 
福原さんから本当に嬉しそうな報告があり、我々ファンもいまかいまかと
楽しみにしていましたが結局日の目を見ることなく終わってしまいました。

 福原さんの記事の中に、女優さんとしての多部さんのイメージを考慮
して使えなかった部分も沢山ありといった内容がありました。
そのときには、多部さん又何言ったんだろう・・・でもそんな自由な雰囲気
での収録だったら、使える部分でも相当に素の多部さんを楽しめるのでは
ないかという期待が膨らんだだけでしたが。

 これが原因なのか、それともこれはほんの一部のことで、多部さんの
イメージ作りを考え始めたヒラタオフィスの考え方と大きくかけ離れたもので
あったのでしょうか。

 1月半ばの記事から延々と長引き、結局中止となったのが5月の終わり。
そして7月の24日には『つばさ』のヒロイン決定の発表があるのです。


 NHKの朝の連続ドラマのヒロイン 
昔ほどのご威光は無いにしても、女優としての階段を昇るのに不満は無い
大きなチャンスです。

 事務所がNHKの意向に沿ったイメージで多部未華子という女優像を
作りたいと思っても不思議ではありません。


 図書委員だよりは、本当にこんなに開けっぴろげでいいの?と思うくらい
に多部さんがのびのびと好き放題にしゃべっています。
多部さんのファンにとっては素に近い多部さんを感じられる最高のもの
でしたし、この語りを聞いて多部さんにより一層惹きつけられた人も沢山
いらっしゃると思います。

 ただし、それほど多部さんに好意的でない人、若しくは一般の成人の
方が聞いた場合、ん? それは・・・ と思うだろうな・思われかねないな
という部分もたくさんありました。

 私も当初は少し気になるところもありましたが、多部さんという人を分かって
くるにつれて気にならなくなり、それがかえって多部さんの魅力だと感じる
ようになっていきましたが、注目度が上がり多くの人がこれを聞いたときの
反応が、必ずしも好意的なものになるという保障はできないでしょう。

 『つばさ』での記者会見でのように、多部さんが正直に発した言葉が
多部さんの思いとは違う方向に解釈される危険は常にあります。

 人気者になれば尚更危険度は高くなるのは当然です。
 

 そうでなくても、多部さんは一般向けの人気タレントになれるような種類の
魅力の持ち主ではありませんから、素直すぎる発言は決して有利には働か
ない可能性の方が大きいでしょう。

 以上のことからも事務所が図書委員だよりを封印してしまおうと考えるのは
当然のことなのかもしれません。

 
 となれば、私などが文句を言う筋合いなどはありません。
多部さんを最も良く知り、多部さんを最も案じている事務所が、多部さんに
良かれと思ってされていることを全面的に信じるしかないのでしょう。


 しかしここで一つ問題が。

 事務所が一生懸命に新しい多部未華子像を広めようとしているのに、
私の妄想の中にいる多部さんは、それに逆らうキャラでは無いのか。

 このまま、天然・無邪気・野性味あふれ・面白キャラとして多部さんの
記事を書いていていいのか。


 そのうち事務所から、連絡をください というコメントが来るのかも。

 来年からは、明るく素直で爽やかな多部さんとあっぽ君の物語に
しなくてはいけないのかも知れませんが果たして出来るのだろうか。

 でも、私より激しくて面白い方がいらっしゃる限り、私なんぞは安心して
このまま応援していけそうな気もしているのですけどね(笑


 

 ※ もちろん本当のところは分かりません。
    フォトブックで十代の多部さんを満喫して、さあ明日からは
    生まれ変わった多部さんで~~す。 なんて事にはならないでしょうね。

    もっとも多部さんがそんなに大人しく言われるがままになるわけも
    無いとは思っていますけど(笑


  そこで落陽の2009年大胆予想

  2009年は多部さんとヒラタオフィスの
  丁々発止の駆け引きが最大の見所になるでしょう 


     いやそうなってくれないと困ってしまうな(笑 


 
関連記事
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r125rakuyou.blog18.fc2.com/tb.php/652-6dccfd3f

0件のトラックバック

10件のコメント

[C5617]

rakuyouさんの意見にうなずきながら・・・でも、本当に
事務所は(NHKの意向も)図書委員だよりがマイナスイメージになると思ってるのかなー?って悩みます。

プラスイメージの部分の方が圧倒的に勝るのに。

こちらのブログの影響力を頼みに、
事務所のチェックが入っていることを期待して、もう1回。

プラスイメージの方が圧倒的に勝るのに。(笑

[C5618] ファンの総意

>プラスイメージの部分の方が圧倒的に勝るのに

多部未華子ファンの私は100%同意します。
が、一般社会人としての私が事務所の意向をやむを得ずと納得してしまいます。

信じて待つしか無いのかと、
事務所に時々逆らってファンと素で遊ぶ多部さんであることを(笑
  • 2008-12-27
  • rakuyou
  • URL
  • 編集

[C5630] 祈り

甘茶さんのとこにも書きましたが、私はニコニコで聞いてて10回目くらいまで聞いたところで削除されてしまって悲しい思いをしました。

みなさんの話しを聞いていると自分だけ取り残されているみたいで残念です。
いつかまた聞けることを祈っています。


[C5631] ユニゾン

多部ちゃん本人が恥ずかしがってるだけだったりして……

でも恥ずかしがる多部ちゃんの目の前で大音量で聴いてみたい……

で、蹴られたい。あれ、伝染っちゃった。
  • 2008-12-27
  • ユニゾン
  • URL
  • 編集

[C5642]

>みなさんの話しを聞いていると自分だけ取り残されているみたいで残念です
そうですねえ・・・・・ もう聞けないとなると図書委員だよりの話で盛り上がるのも、
新しいファンの方に寂しい思いをさせてしまうだけなのかもしれませんね。

私などは、手っ取り早く多部さんの魅力を分かって貰えるとても重宝なアイテムだと
思うのでどうしても引用をしたくなってしまいます。
でもそれが通用しなくなるんですよね。
  • 2008-12-27
  • rakuyou
  • URL
  • 編集

[C5643]

>蹴られたい。あれ、伝染っちゃった
あそこが重要な砦ですね。
頑張ってもらわなければ(笑
  • 2008-12-27
  • rakuyou
  • URL
  • 編集

[C5659]

更新すると言ったからには、記事は、全部更新するつもりです。

でも、それに対して、むしろ、何だか、
寂しさが、出てしまうのだと、
最後に残るのは、贖罪意識(記事を作ったことへの)
みたいな、変な気持ちになっちゃうな。

って、ちょっと、最近、困った感があります。

でも、私にとっては、図書委員だよりの記事を書く時が
一番、気持ちが入るっていうか、何かしっくり来るっていうか、
そこが好きっていう気持ちの、原点だったりして・・・

うーん。うーん。

[C5660] くやしいです!!

図書委員だよりってどうやっても聞けないものなんでしょうか・・・
こう盛り上がっていると聞きたいです。

[C5661]

>更新すると言ったからには、記事は、全部更新するつもりです

お願いします。
実は私もいつか整理しておきたいなと思いつつも、大変な作業で
手を付けられずにいましたので、甘茶さんの努力には頭が下がります。

多部さんがこれからどんな風に成長していくのかは分かりませんが、
この図書委員だよりは多部さんという人の本質を知る上で、とても大切な
ものであることは変わらないと思います。

私は将来の多部さんのファンの方のために、こういうものは整理して残して
置くべきだなと考えていましたので、甘茶さんのブログはとても貴重なものに
なるに違いありません。

ぜひとも頑張って完成されることを願っています(笑
  • 2008-12-28
  • rakuyou
  • URL
  • 編集

[C5662]

やんさん、はじめまして

どういう方法を取るにせよ、違法を承知の上でのことになりますから、
お互いに信頼できる者同志でのやりとりしか無いと思われます。

ただ、私が事務所の考え方を聞いたわけではありませんので、
本当に事務所がこれを封印しようとしているのかどうかは知りません。

もし事務所が多部さんの言動に何も問題があると思っていないのなら、
オフィシャル上に置いてほしいというお願いをしてみたいとは思っています。
  • 2008-12-28
  • rakuyou
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ついて来てね

落陽

Author:落陽
趣  味 : 多部道楽

Comments...A

openclose

CalendArchive

Categories...B

openclose

リンク

FC2カウンター