FC2ブログ

Entries

東京狂詩曲:ミーティング編(上)

 NHKについて早速撮影スタジオを観に行きました。
今日はイベントがあるし、撮影はお休みなんだろうなと思っていたら、何やらやって
いる様子です。

 ガラスにへばりついて見ていると、出演者の方々が手前の入り口から次々と現れ
て来られます。 多部さんが見当たらない。 
女の娘が出てきたけどあれは吉田さんかなあ ・・・ 多部さんは?

 すると嫁さんが、「今多部さん通ったね。」 えっ今の多部さんだった?

 じっと見ているとやっと通りにいる多部さんを確認できました。
手を振ってみるけど、ちっともこっちをみてくれません。
何時もよりセットが邪魔しているらしい。

 モニターを観ると確かに多部さんが演技をしています。

 しかし、こんなイベントの日に撮影をしているなんて、ひょっとしたら撮影の様子を
陰から見せてくれるんじゃあないですかぁと、有り得ない妄想を口に出してはしつこく
システィーナさんを悩ませてしまいました。
そんな事ある分け無い!と突っ込んでもらったら良かったのに。

 もうこの時点でいっぱいいっぱいの落陽。
 


 しばらくして、イベント会場の方へ移動しました。
タマカンさんの考えでは、今回は並んだ順に席に着く可能性が高いとのことで、最前列
真ん中を狙っていらしたようですが、私は感心しているばかりです。

 館内へ入る時の警備は厳重でした。

 ホールに受付があります、大事なのは当選の通知が入っていた封筒でした。
私の方はノーチェックです。 せっかくタマカンさんに浦野真彦という名前を付けて頂いて
受け付けの練習もしてきたのに、演技力を見せられずがっかりです。

 私たちは2列目でした。 システィーナさんの最前列神話が崩れてしまいました。
私か、私のせいなのか? と非常に責任を感じて はいませんでした 
事の重大性がまるで分かっていません。

 パイプ椅子が1列に8脚、5列並べてあります。
えったったの40人? どういうことだろうと思いみんなで話をしていましたが、どうも
おかしい、多部さんたちが座るであろう椅子は無いし、照明の設備もありません。

 そのうち担当の人からの説明が始まりました。
受付で貰った胸に付ける札と首からかける札の説明があります。
胸の札にはA-1と書いてあり、グループ分けの印でした、要するに一番先頭です。
首からかけた札は、後からあまたまを貰う時に必要との事。
今日のサプライズをもうばらしてしまいました、でも予想はしてましたよね。

 館内を歩く時の注意事項やらなんやらの説明が一通り終わった後、タマカンさんが
写真の撮影は許されるのかと質問すると、なんと原則OKとのこと。
一同、おおっと歓声があがり、ごそごそとデジカメを取り出します。

 椅子がほぼ一杯になった頃、A-1組から順番に移動しますと言われました。
館内を歩きエレベーターに乗って上の階へと向かいます。
何時もここを多部さんが歩いていて、今自分が見ているものと同じものを見ているのか
と考えるだけで、もう心臓はばくばくです。

 着いたところは椅子が100程の小さなホールでした。
前にはスクリーンらしきものがあり、椅子が5つ用意してありました。
がマイクが4本しかありません、何やら不吉な感じがします。

 まさか多部さんが欠席ってことは無いだろうなあ。

 私たちの席は最前列でした。 システィーナさんの伝説はまだ生きています。

 タマカンさんが気を利かせてくださって私が中央寄りの位置に座ります。
1列11席、私が右から4番目、その右にタマカンさんシスティーナさんユニゾンさんです。

 タマカンさん及びファンの皆様に食べて頂こうと持参したもみじ饅頭を、絶対に多部さん
に渡すべきだとしつこくタマカンさんに薦められ、まあ可能性は薄いだろうけど一応持って
いってみるかと、重い袋を持ち込みました。

 このもみじ饅頭を多部さんに見えるように掲げていると、食べ物に目が無いからきっと
気になって、こちらの方を見てくれるに違いないなどとバカを言いながら笑っていました。

関連記事
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://r125rakuyou.blog18.fc2.com/tb.php/999-07cab96d

0件のトラックバック

2件のコメント

[C9472]

あの日の撮影って 居間で食事シーンが多かったですね。 だから 落陽さんの もみじまんじゅうは
多部ちゃんだけが手を伸ばしてるんじゃないかな
他のキャストは お腹一杯でしょうが
多部ちゃんなら 食べてるはずですw
届けた 饅頭が 甘玉堂のショーケースに
並んでるかもしれませんよ

[C9478]

>饅頭が 甘玉堂のショーケースに 並んでるかもしれませんよ

映らないところで遊んでもらえたら嬉しいですね。
多部さんの目線が泳いでたりして(笑
  • 2009-06-18
  • rakuyou
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ついて来てね

落陽

Author:落陽
趣  味 : 多部道楽

Comments...A

openclose

CalendArchive

Categories...B

openclose

リンク

FC2カウンター